派遣社員とどう違うの?期間工について調べてみよう


繁忙期など期間限定で活躍する

働き方にも色々な種類がありますが、期間工として工場で活躍する人も多く存在します。期間工はその名前の通り、期間限定で働く契約社員のことを指します。それなら、派遣社員と同じと考える人もいるかもしれません。限られた期間内で働くのは同じですが、派遣社員と期間工は全く別のものです。まず、派遣社員は派遣会社と契約をしており、実際に働く会社に直接雇用されているわけではありません。これに対して、期間工は働く会社に直接雇用されています。期間限定とはいえ直接雇用なのでローンを組むときや、クレジットカードを新規発行するときも有利です。派遣社員の雇用主は派遣会社ということを理解しておきましょう。基本給は派遣社員のほうが高い傾向もありますが、給与は基本給プラス残業代です。期間工の場合は基本給のほかに様々な手当てもつくので、トータル報酬はより高くなることが多いといわれています。

未経験でもチャンスがある

期間工の魅力は、誰もが名前を知る大手メーカーの仕事ができるということがあげられます。正社員で入社するのは難しい会社でも働けるチャンスがありますし、未経験でも活躍できる仕事も多くあります。寮を完備している会社や食事補助がある会社も多く、生活費を安く抑えられることもメリットといえるでしょう。仕事を辞めるときも、契約期間満了による退職は会社都合になるので、待期期間を待つ失業保険をもらえます。契約期間は決まっているものの、正社員として雇用されるケースも多いので、大手企業の正社員としての活躍を目指す人にもおすすめの働き方です。

どの部門に配属されるかは企業が決めるのが期間工の特徴です。事前に連絡し配属部門の確認をしておくのが大切です。